ブラックドレスの着こなしは小物の使い方で決まる

ブラックといえば、オールマイティに使えるカラーとして、普段のファッションからよく取り入れているかと思います。
そして、披露宴や二次会などでも、ブラックドレスを着用している方が多いですが、そんなブラックドレスの着こなし方をご紹介しましょう。

ポイントはズバリ、小物でアクセントをつけるということです。
というのも、ブラックというカラーは、確かに使えるカラーではあるのですが、使い方によっては、重い、そして暗い雰囲気になったりしてしまいます。
ですので、小物でアクセントをつけてあげるということが、非常に重要なポイントとなってきます。

例えば、二次会にブラックドレスを着ていくという方、小物ではふんだんに遊び心を採り入れましょう。
アクセサリーはロングのパールネックレスや、ゴールドのネックレスを重ね付けして、さらに同じゴールドのブレスレットをつけ、足元は、抜け感を出すために、ストラップ付きのサンダルを合わせますが、ここはブラックではなく、あえてイエローなどの明るめのカラーを採り入れることで、メリハリが出せます。

他にも、ちょっとフォーマルな場所であるならば、ホワイトやヌーディーカラーのクラッチバッグを使えば、大人な感じになります。

そして、ブラックドレスも、タイト、もしくは、Aラインタイプのものであれば、こういった小物がばっちり決まりますので、自分の持っている小物に合わせやすいブラックドレスを選ぶことも、着こなしのポイントとなります。