結婚式でのネイビードレスの着こなし方とは

ネイビードレスを着こなすシーンというのはいくつかあると思いますが、ここでは、結婚式に特化した、ネイビードレスの着こなし方をご紹介しましょう。

1.配色にこだわる
ネイビードレスというのは、使いやすいカラーであり、若干使いこなすのが難しいカラーでもあります。
ネイビーだけだと、しまった感じがしないので、そこに色を足していくのが良いのですが、その際に、必ず、ネイビー以外の色は2色までと決めましょう。
そうしないと、ファッションにまとまりがなくなるからです。
ネイビーと同じような淡いホワイトやベージュ、それにパステルカラーなどの、ふんわりしたカラーを取り入れると、全体的にソフトな印象になります。

2.アクセサリーのジャラジャラ付けは禁止
ネイビードレスに、ゴールドやシルバーのアクセサリーをがっつり付けてしまうと、ネイビーが持っている優しい雰囲気や落ち着きを壊してしまいます。
ですので、アクセサリーは適量に、そして、あまり目立ちすぎないようにすれば、シックな感じに決まります。

3.適度に肌を出したドレスを選ぶ
ネイビードレスは、長袖タイプを選んでしまうと、どうしても制服のようなイメージがついてしまい、場から浮いてしまうことがあります。
ですので、ノースリーブ、もしくは、袖がフリルやレースになった3~5分丈にすると、バランスがとれたネイビードレスの着こなしになるので、袖の長さにもネイビードレスを選ぶ際にはこだわりましょう。