結婚式のドレスの選び方とマナーについて。年齢や季節に合わせて選ぼう!

結婚式に招待された時に迷うのが、着ていくドレスだと思います。
色々な決まりもあり、どのように選べばいいのかわかりづらく感じる時もあると思います。
今回は、結婚式用のドレスの選び方について、考えてみたいと思います。

マナーを理解してから選ぼう
結婚式で着ていくドレスには、マナーがあります。
花嫁の色である白や、喪服を連想させる黒のドレスは避けたほうがいいでしょう。
色が分かれたドレスも、別れるを連想させるので、歓迎されません。
また、式場といった明るい場所では、明るいベージュやクリームといった色もも白に見えるので、避けるようにしましょう。
ただ、黒のドレスは、明るい色の羽織物や靴と合わせてれば、着ても大丈夫です。
肩や足の露出が激しいものも、避けるようにしてください。

年齢に合わせて選ぼう
一口に結婚式のドレスといっても、様々なものがあります。
結婚式用のドレスは、年齢に合わせて選んでください、
色が派手すぎるものは、年を重ねた女性には相応しくありません。
若い方は鮮やかな色でも綺麗に見えますが、少し控えめにしましょう。
フリルやリボンといった装飾が多いドレスも、若い方向けといえます。
ですが、年齢に対して落ち着き過ぎたものを選ぶと、老けて見えてしまいます。
シンプルなドレスを着る時は、少し派手な小物で華やかさを演出してください。
若い方は華やかさを、30代以降は、上品さと落ち着きを意識して選びましょう。

季節にも合わせて選ぼう
結婚式のドレスは、着ていく季節も考えて、選ぶようにしてください。
夏は涼やかなものを、冬は暖かいものを選んでください。
生地の厚さはもちろんですが、色も相応しいものを選びましょう。
暑い時期ならば、寒色系を、寒い時期ならば、暖色系が相応しいと思います。
春や秋もその季節をイメージするような、色を選ぶようにしましょう。

最新投稿